貴船まつり

貴船まつり 真鶴町

日本三大船祭りのひとつに数えられ、毎年多くの人を集める真鶴町の「貴船祭り」。祭りは7月27・28日の2日間、真夏の港町がさらに熱くなる。

一日目は、キレイに飾り付けられた東西の小早船の進水ではじまる。その後、鹿島おどりの奉納、神輿の海上渡御へと進行し、お仮殿に入御。二日目は花山車、鹿島連、神輿、はやしが町内渡御。夕方に神輿は海に浸る「みそぎ」を行い、鹿島連はお仮殿前で鹿島蹄りのあと神輿舟で宮の前海岸に向かう。

長い歴史を持つこの祭りは、しきたりが厳しく硬派なことでも知られ神に奉納する鹿島踊りを、上から見下ろしたりすると、ものすごい勢いで怒声が浴びせられたりする。漁業や石材回漕業などを主産業としてきた海の男達にとって、危険は日常的にあり大漁や安全を願った神事は真剣そのものだったのだろう。

周りを海に囲まれたこの町は、今や観光も大きな産業になっている。けれど、いわゆる観光地というにはいささか緊張感がある。不思議な張りつめた風情の一端が、この祭りにも影響しているのかも。

 

 

 

西かながわMEMO →'13-1 -2
西かながわ写真帖 '13


詳しくはこちらで

真鶴町公式サイト


貴船祭
貴船祭
貴船祭
貴船祭