飯泉観音ーダルマ市


この近辺でダルマ市と言えば、飯泉観音のダルマ市で毎年多くの人を集める年末の恒例行事となっている。飯泉観音は正式には飯泉山勝福寺といい、坂東三十三観音の第五番札所として有名な古刹。開創は天平勝宝五年(753年)とも言われ、歴史的な価値も高い。なお今の本堂は、宝永三年(1706年)に再建されたものらしい。

撮影したのは初日の早い時間ということもあって、人出は少なめだけどこれが夜になると、ダルマ目当ての人、縁日目当ての子ども達でごった返す。ダルマ市は永禄年間(1558〜70年)から始まったらしいので、こんな光景が時を超えて再現され続けているかと思うと、不思議な感覚がするよね。それにしても、未来をよりよきものにと願う人々の情熱は凄いと思います。

写真撮影日 05.12.17
飯泉観音→地図
西かながわ写真帖


詳しくは

小田原市公式サイト