曽我の傘焼きまつり


日本三大仇討ちのひとつ「曽我兄弟の仇討ち」。
その討ち入りは、深夜だったため傘を松明代わりに燃やしたという故事から、兄弟の菩提寺である小田原市曽我の城前寺では毎年「傘焼き祭り」が開かれる。父親の無念を晴らした5月28日、若くしてこの世を去った二人の慰霊祭という。追記→5月28日ではなく5月下旬の土曜日曜に変更されています。

この物語が、広く世に知られるようになったのは歌舞伎の名演があったためで、歌舞伎界から毎年ゲストが参加する。'05年は中村獅童氏だったため、軽いパニック状態だった。

また、暗殺された父・河津祐泰は相撲の名手として知られた人で、角界からは東関部屋の力士たちが来寺し、奉納相撲などで、おおいに盛り上げてくれる。

傘焼きは、前列しか見られないので、早めに場所を確保する必要があります。(本堂裏の兄弟墓前)

※現在は城前寺ではなく梅の里センター周辺で開催されています。

 

西かながわ写真帖 '05 '06
西かながわMEMO → '15


詳しくは

曽我兄弟遺跡保存会 

小田原市公式サイト 

JR御殿場線下曽我駅下車すぐ

JR御殿場線はSuicaなどのICカードは使えません

kasayaki soga