満幅寺火渡り・火伏祭り

毎年1月28日に催される、満福寺 火伏祭りは、修験道に伝わる修行のひとつで、禅問答などの儀式のあと、火の上を素足でわたる。

これが、かなりハードな火渡りで、修験者はまだ火が消えていない中を、渡り切らなければならない。読経が響く中、それはハッとさせられるような光景で、軽い気持ちで辿り着けるような境地ではないのだと知らされる。

一般人が渡るころは、火のついたお札は脇によけられていて事故の心配はない。むしろ、火の勢いをまともに受ける最前列で見物している人のほうがしんどいくらいだろう。あと、湯立ての湯を修験者と一緒にかぶってしまうのも辛いので、湯釜のそばには近寄らないほうがいいと思う。

写真撮影日 05.01.28 06.01.28
満福寺→地図
西かながわ写真帖→ '05 '06 '12


詳しくは

小田原市公式サイト 

 

満福寺 火渡り
満福寺 火渡り・火伏せ祭
満福寺 火渡り・火伏せ祭
満福寺 火渡り・火伏せ祭 満福寺 火渡り・火伏せ祭