松原神社例大祭


北条五代祭りとスケジュールを合わせているのだろうか、小田原宿総鎮守・松原神社の例大祭は毎年5月3日から5日まで行われる。あわせて、山王、大稲荷、居神も加わり旧小田原府内四神社が、祭礼となる。

3日は御霊入れのあと、北条五代祭りパレードに参加、4日からが神幸祭で本社神輿や町内神輿の渡御が行われる。御幸の浜では、珍しい浜降り(茅ヶ崎の浜降祭はどっこい流だけど、こちらは海に向かって走る小田原流)を見る事もできる。5日は渡御のあと、夜には28カ所の町内神輿が宮入をする。

写真は小田原駅前での渡御や宮入りの様子で、小田原流独特の走る(こちらでは跳ぶとも言うらしい)差し(つっかけ)。これがまた、凄い迫力で何基もの神輿が次々と猛ダッシュ、毛穴からぶわぁっとアドレナリンが吹き出てるのが見えます(少しウソ)。

跳ぶのは町内渡御ばかりでなく、4日に御幸の浜で行われる御浜降り、5日夜の宮入りもとにかく走る。祭りの興奮が最高潮に達する宮入りは迫力がスゴいのでぜひとも見てもらいたい。

写真撮影日 06.05.05 07.05.04/05
松原神社→地図
西かながわ写真帖→'06  '07

 

西かながわ写真帖→'06  '07


詳しくはこちらで

小田原市公式サイト 

小田原市観光協会