湯河原温泉 湯かけまつり


湯河原温泉の歴史は古く、万葉集にも「足柄の土肥の河内に出づる湯の 世にもたよらに子ろが言はなくに」と詠まれている。少なくとも1200年は人びとを癒し続けてくれているのだから、頭が下がるよねえ。熊野神社春の大祭にあたる5月第四土曜日に開かれる「湯かけ祭り」はお湯に対する感謝の気持ちが込められているという。

江戸時代の湯を献上する際に道中の安全を祈願して、湯で満たされた樽にお祓いの意味で湯をかけたのに倣って、湯桶が組まれた神輿を担ぎ、沿道の人が盛大にお湯をかける。まあ、これが凄まじいもので一切の遠慮なし。最終地点の泉公園ではみんながずぶ濡れになって、一種異様なトランス状態。その場にいないと、あの高揚感はわかりようがないですねえ。

5基出る神輿のうち1基は一般参加可能な(ただし女性グループ限定)体験ツアー神輿なので、祭りのまさに中心でこのあまりにも クレイジ ユニークなお祭りを楽しむこともできる。

見物するなら、湯河原温泉観光会館前と最終地点の泉公園がいいでしょう。


湯河原温泉観光協会

西かながわ写真帖
西かながわMEMO →'14


湯河原温泉観光協会
湯河原町公式サイト

湯河原温泉観光協会

湯河原駅から 「不動滝・奥湯河原温泉行き」バス 「落合橋」下車

泉公園

泉公園 

湯河原駅から 「不動滝・奥湯河原温泉行き」バス 「道中」下車

<スポンサーリンク>

湯かけ祭り2014 湯かけ祭り2014
湯かけ祭り2014 湯かけ祭り2014
湯かけ祭り2014