西かながわ画報 梅と河津桜特集

梅の名所と河津桜@神奈川県西部

 

 

詳しくは写真またはタイトルをクリックしてください

熱海梅園

熱海梅園

日本一の早咲きが自慢の観光梅園。

梅まつり期間中は足湯につかりながらの観梅が楽しめる。

梅だけでなく「韓国庭園」や「梅見の滝」「中山晋平記念館」など観光ポイントがある。

熱海梅園梅まつり:1月6日(土)〜3月4日(日)


松田町 寄 ロウバイ園

松田町 寄 ロウバイ園

ロウバイだけを植えたユニークな梅園。

梅よりも香りが強い。

千本以上のロウバイを一度に見られるのは貴重では?

入園料300円(16歳未満無料)が必要。

ロウバイ祭り:1月13日(土)〜2月12日(月・祝)

 

曽我梅林

曽我梅林・曽我丘陵(小田原市)

3万5千本が植えられた梅の里。歴史ある小さな町が梅の香で満ちる。

それを見下ろす曽我丘陵も散策ポイント。

梅まつりが開催され、伝統芸能の獅子舞などが披露される。

小田原梅まつり:2月3日(土)〜3月4日(日)


辻村植物園

辻村植物公園(小田原市)

個人所有の農園から、植物公園へと一般公開されるようになったチョット変わった観梅ポイント。

梅の他にも外来種の園芸樹、果樹などもあるけどこの季節に花を見る事は叶わない。

駐車場に余裕があるので車でもストレスを感じない。


徳富蘇峰記念館

徳富蘇峰記念館(二宮町)

約90本ほどの古木が見られる。

個人宅の庭だったので、梅園としては小規模

珍しい臥竜梅もあり、その枝振りが見事。

この季節には水仙も咲く。


小田原フラワーガーデン 渓流の梅園

小田原フラワーガーデン・渓流の梅園

200種を数えるバラエティー豊富な梅が楽しめる。

庭はよく管理されていて快適。

入り口にはミモザの花も咲いている。

フラワーガーデン梅まつり:1月28日(土)〜3月12日(日)

湯河原梅林

幕山公園・湯河原梅林

無骨な岩肌を見せる幕山の斜面に4千本ほどの紅梅・白梅が咲き競う。

週末には「湯河原温泉芸妓の舞」などのイベントも予定されている。

2月後半からは、ライトアップもあり昼とはまた違った梅を楽しめる。

人出は多く、ピーク時には幕山公園までの道のりも大渋滞となる。

湯河原梅林「梅の宴」:2月3日(土)〜3月11日(日)

小田原城址公園 梅

小田原城址公園

小田原市、観光の中心である城址公園。

植えられた梅の本数は今ひとつだけど、梅とお城はよく似合って「和」の雰囲気を楽しめる。

天守閣や歴史見聞館など、観光施設も充実。

小田原梅まつり:2月3日(土)〜3月4日(日)


松田フラワーガーデン 河津さくら

ハーブガーデン 河津桜

河津桜は静岡県河津町が元祖の、発色の鮮やかな早咲きの桜。

自然交配でできた苗を増やし、河津町の観光資源となっている。

松田町は平成8年から移植を行い、今ではこの桜を目当てに大勢の人がハーブガーデンを訪れる。