ゴールデンウイーク 西かながわ

ゴールデンウイークお出かけ情報 @神奈川県西部

 

 

詳しくは写真またはタイトルをクリックしてください


大野山山開き(山北町)

4月29日(祝)

西丹沢の入門コースのような、標高723mの大野山で行われる山開きイベント。乳牛の牧場になっているので、のどかな雰囲気。山頂は広く開け、眺望は素晴らしい。牛乳の無料配布(先着1000名)のほか、フォロクローレのライブ、コーラスなどが行われる。
山頂近くまで車で行けるけれど、歩いたほうが気持ちいい。

五所八幡宮例大祭(中井町)

4月29日(祝)

江戸時代後期の作、4台の山車の装飾が見事。800年以上の歴史があると言われる、五所八幡宮。お祭りもまた、歴史を感じさせる。正直、それほど知名度が高いとは言えないが、珍しい鷺の舞が奉納されることからも、由緒がうかがわれる。
宮入前の威勢のいい川入りは特にみもの。

北條五代祭り(小田原市)

5月2日(木)・3日(祝)

いまやすっかり有名となった、小田原市最大のお祭りがこの北條五代祭り。2000人ともいわれる参加者が扮する武者行列が最大の見所。この武者行列に、ブラスバンドや小田原ちょうちん踊りの列、神輿などが加わるので、さっと通り過ぎてしまうこともなく、イベントとして楽しめる。

端午の節句 あしがり郷瀬戸屋敷

瀬戸屋敷 端午の節句(開成町)

5月3日(祝)〜5月5日(祝)

旧家を整備して一般開放しているあしがり郷瀬戸屋敷。例年通り、五月人形などを展示している。期間中は日を変えて、タケノコご飯炊き体験、かしわもち作り体験、うどん打ち体験などの催しも用意されている。(要・申し込み)
展示期間は4月23日(日)から5月6日(土)まで

松原神社例大祭(小田原市)

5月3日(祝)〜5月5日(祝)

松原神社の本社神輿のほか、竜宮神社の宮神輿、26の町内神輿が市内を渡御するにぎやかなお祭り。小田原駅前のロータリーをパフォーマンスのように走ったり、御幸の浜にまっすぐ突っ込む御浜降り(一部のみこしだけですが)など見所も多い。特に宮入とその前の揉み合い(とび合い?)は独特の熱気に包まれる。

寄 若葉まつり(松田町)

5月5日(祝)

松田町の寄地区はシダンゴ山や鍋割山の登山拠点となっていて、周囲は山々に囲われている。本格的なトレッキング・登山シーズンの幕開けを祝うかのように開催されるのがこの若葉祭り。和太鼓演奏や大道芸といった催しのほかに、子供たちが参加するマスのつかみ取りも行われる。
最近の子は魚を怖がるかと思ったけど、全然そういう子はいなくてハイテンションで喜んでました。はしゃぎすぎた子のために着替えもお忘れなく。

公時まつり(箱根町)

5月5日(祝)

箱根町仙石原、138号線を御殿場方面に上った公時神社で開かれる、こどもの日を祝うお祭り。五月人形ではおなじみ、気は優しくて力持ちの坂田公時・きんたろうさんが祀られている神社で、子供相撲、湯立て獅子舞、登山競争などが催される。静かな山の神社で地元のひとの手作り感がいっぱい。

国府祭ーこうのまち (大磯町)

5月5日(祝)

県の無形民俗文化財に指定される歴史ある祭礼。相模の国一宮である「寒川神社」と二宮である「川匂神社」が一宮の座を巡って争う様子を表現した「座問答」が行事としてはメインになるのかな。あっという間に終わってしまうのだけど、実は1000年も続く神事とか。その他にも「鷺の舞」などの歴史を感じさせる行事がある。