HOME
イベント・お祭り
見所・スポット
花のスポット
特集
About
 

石垣山一夜城歴史公園


1590年に後北条・小田原城を包囲した、いわゆる「小田原攻め」の際、豊臣秀吉の本拠となり築城されたのが、ここ。当時は笠懸山、松山と呼ばれていたが、総石垣の城が造られた(秀吉によって)山ということで、石垣山と呼ばれるようになったと言う。

一夜城と呼ばれるのは、木枠に白紙を貼ったものを一夜で作り、城壁に見せかけたという説もあるけど、実際には4万人(!)を動員して80日間かけて築城し、前の樹木を一晩で伐採して一夜で造ったように見せかけたらしい。

野面積みと言われる工法で造られた井戸曲輪は、立派なしっかりしたもので幾多の大地震にも堪え、今もその形を残している。このことからも、秀吉が長期戦を意識して本格的な城を造った可能性が高い。

写真撮影日 06.04.30
一夜城歴史公園→地図

 

 

西かながわ写真帖 


詳しくはこちらで

小田原市公式サイト