HOME
イベント・お祭り
見所・スポット
花のスポット
特集
About
 

沼代桜の馬場

ここはかつて、沼代(ぬましろ)の鎮守王子神社のお祭りで奉納されていた競馬が行われたところで、その直線道の両脇に村人が植えた桜が今も残っているという。小田原市の中でも静かな落ち着きのあるところで、棚田や丘陵の緑が桜をよけいに美しく見せる。

地元の人の間では有名なものの、遠くから足を運ぶ人はあまり多くはない。けれど、狭い道なのですぐ路上駐車で道路がイッパイになってしまう。ゆっくり観たいという方はすぐ脇から、ちょっとした広場に入れるので、そちらを。サクラのトンネルもいいけど、この広場のサクラも花つきが良くて十分満足できるはず。夜にはここに設置されたボンボリが灯り、夜桜も楽しめるという。街の灯りがないだけに、他の夜桜とは違った良さを感じられるかも。

車で行くと前述の通り路上駐車するしかなくなってしまうのでできれば公共交通機関ーバスで行ってもらいたい。バスは二宮駅南口から「比奈窪行」に乗って「診療所前」で下車。徒歩20分〜30分(道のり約1.3キロほどの坂道)国府津駅からも「比奈窪行」のバスは出てるけど本数が少ないので、確認してからお出かけを。


 

西かながわ写真帖  '16


くわしくはこちらで

小田原市公式サイト 
小田原市観光協会