HOME
イベント・お祭り
見所・スポット
花のスポット
特集
About
 

国府祭(こうのまち)-大磯町


実に千年以上の歴史を持つ、大磯町の国府祭(こうのまち)。相模の国の一ノ宮ー寒川神社(寒川町)、二ノ宮ー川勾神社(二宮町)、三ノ宮ー比々多神社(伊勢原市)、四ノ宮ー前鳥神社(平塚市)・平塚八幡宮(平塚市)、総社ー六所神社(大磯町)の六社が、大磯町の神揃山に集まり、有名な「座問答」など、神事が行われる。

寒川神社と川勾神社が一ノ宮の地位を互いに主張しあい、無言で虎の毛皮の敷物を交互に前へと祭壇に近づける「座問答」は実に淡々と、あっという間に終わってしまうのでちょっと拍子抜けするかも。一回一回、口上を言い合うとか、能のような仰々しさがあるのかと思っていたら、あっというまに「いずれ明年まで」の声がかかり終了となった。

神揃山での神事を終えると、大矢場の馬場公園にて鷺の舞の奉納などが行われる。屋台の多くがここに集まっているので、人も多い。各神社の神輿やお囃子も特徴があるので、そういうところでも楽しめると思う。

 

西かながわ写真帖 


詳しくはこちらで

大磯町公式サイト