HOME
イベント・お祭り
見所・スポット
花のスポット
特集
About
 

秦野たばこまつり

花火

60回を超える歴史を持ち、市民に親しまれている「秦野たばこ祭り」は、煙草農家の慰労会から出発した。今ではタバコを栽培する農家はゼロになってしまったものの、秦野の基礎を築いたたばこの名を残している。

長い間に色々と試行錯誤があったようで、イベント内容は実に多彩。マーチングやカラーガードなどのオープニングパレードに始まり、ダンス、よさこい、バンド演奏、神輿パレード、阿波踊り、弘前ねぶた・青森ねぶたパレード、火と和太鼓が競演する花鳥風月などが二日間にわたり行われる。

中でもたばこ音頭千人パレードと弘法の火祭はお祭りの初期から継承されている、象徴的なイベント。スケジュール的にメインに位置づけられるのは、一日目がジャンボ火熾し綱引きコンテスト、二日目はラストの仕掛け花火なのだと思う。ジャンボ火熾しは笑ってしまうくらいおおがかかりで、いい意味で、馬鹿馬鹿しく面白い。仕掛け花火は650メートルに及ぶナイアガラが見事。


西かながわ写真帖 → '06  '08 '09


詳しくはこちらで

秦野市観光協会