土肥祭・源頼朝旗挙げ武者行列


治承4年(1180年)に平家打倒を掲げ挙兵した源頼朝に、湯河原を本拠に相模西部を領地とした土肥実平が一族を従え参したのを再現したお祭り。伊豆で兵を挙げた頼朝がこの地で実平らとともに作戦を練り、石橋山合戦に出陣したのは史実にあるので、歴史を学ぶのにも意味あるイベントといえる。

でも石橋山の合戦ではボコボコにやられて、山中に逃げるのがやっとだったんだよねえ。その山中から、土肥の館が燃やされるのを見て実平が舞ったのが、五所神社と湯河原駅前、城願寺で行われる「焼亡の舞」。山中の逃避行を山伏修行になぞり、自らの館が燃えるのを護摩の炎にみたて「めでたい」と舞ったのだから、スゴい。絶体絶命、ボロボロになりながら逃げているのに、舞った実平、それを見て喜んだ頼朝、カッコよすぎです。

旗揚げ式は、五所神社と湯河原駅前ロータリーの二カ所で行われ、その間を武者行列の隊列となって歩く。小田原の北条五代まつりほどの人出はなく、ゆったり観られる。日本を動かす大事だったのだから、もう少し注目を集めてもいいお祭りだと思いますけどね。こちらは史実に基づいているわけだし。

 

西かながわ写真帖



湯河原温泉観光協会
湯河原町公式サイト